ヴェルディ肖像
ヴェルディ協会とは
  設立趣旨・沿革
  活動

イベント情報
  講演会
  マラソンコンサート
  総会とミニコンサート
  ヴェルディ旅行
工事中 国際交流
new! 生誕200年事業

ヴェルディ関連資料
New! VERDIANA(会報)
├ 1〜10号目次
├ 11〜20号目次
├ 21〜30号目次
New! └ 31〜40号目次
new! ヴェルディの生涯
new! 作品と初演一覧
new! 著作物リスト
new! 切手類


協会公式Facebook
随時更新中!new!

協会公式ブログ
随時更新中!new!
協会ロゴ
HOME 入会のご案内 お問い合わせ 関係リンク集 サイトマップ
マラソン

✽ヴェルディ・マラソン・コンサート年譜
ヴェルディ・マラソン・コンサートは、2001年11月に、日本ヴェルディ協会発足後初の主催コンサートとして催されました。 第1回のコンサートでは、ヴェルディの全26のオペラから1曲ずつを選び、20名の中堅・若手の歌手が、3時間以上にわたって競演するという豪華なプログラムを組みました。その後も、毎年,単なるガラ・コンサートにとどまらない、テーマ性を持った、ユニークなコンサートを開いています。

第1回詳細 第2回詳細 第3回詳細 第4回詳細
第5回詳細 第6回詳細 第7回詳細 第8回詳細
第9回詳細 第10回詳細 第11回詳細 第12回詳細


第1回「2001年ヴェルディ没後100年記念」
2001年11月25日 13:30 浜離宮朝日ホール
ヴェルディ没後100年を記念して、ヴェルディの全26のオペラからそれぞれ1曲ずつを選び、20名の中堅・若手の歌手が競演した。このコンサートに出演された歌手たちは、その後、大きく飛躍された方が多い。
【解説】永竹 由幸【プロデュース】酒井 章【字幕】増田 恵子【ピアノ】仲田 淳也、平塚 洋子
【出演歌手】石上 朋美(S)、鵜木 絵里(S)、菊池 美奈(S)、木下 周子(S)、木下 美穂子(S)、河村 純子(S)、小林 厚子(S)、佐藤 亜希子(S)、松岡 万希(S)、板波 利加(Ms)、背戸 裕子(Ms)、小貫 岩夫(T)、樋口 達哉(T)、平尾 憲嗣(T)、星 洋二(T)、水船 桂太郎(T)、秋山 隆典(Br)、坂本 伸司(Br)、島村 武男(Br)、志村 文彦(Br)
【主催】NPO 日本ヴェルディ協会、朝日新聞社
【後援】イタリア大使館「日本におけるイタリ2001年」財団、
【協力】二期会、(財)日本オペラ振興会
▲PAGE TOP

第2回「アレッサンドラ・レッツアを迎えて」
2002年9月23日 14:30 浜離宮朝日ホール
イタリアの名花、アレッサンドラ・レッツア(Alessandra Rezza)をメインゲストに迎え、日本の中堅歌手と共に、オペラ・アリア、重唱の競演を繰り広げた。
【ピアノ】フェデリーコ・サンティ、沖田 淳也
【出演歌手】アレッサンドラ・レッツア(S)、井ノ上 了吏(T)、坂本 伸司(Br)、東小野 修(Br)
【主催】 NPO日本ヴェルディ協会、朝日新聞社、サウンド・バンク
【協賛】(株)日本ハム、アサヒビール
【協力】イタリア文化会館、アリタリア航空
▲PAGE TOP

第3回「ヴェルディの光と陰」
2003年9月23 日 14:00 東京文化会館・小ホール
ヴェルディの3つのオペラ《運命の力》、《シモン・ボッカネグラ》、《リゴレット》からのハイライト集に加えて《ナブッコ》の“行け黄金の翼に乗って”を特別出演の六本木男声合唱団が演奏。伴奏にエレクトーン2台と弦楽四重奏を使用する試みは、その後、同様の音楽会の先駆けとなった。
【演出・進行】ダリオ・ポニッスィ 【指揮】千葉 芳裕
【伴奏】
レゾナンス弦楽四重奏団【エレクトーン】小林 由佳、武元 彩子
【出演歌手】
赤池 優(S)、馬原 裕子(S)、新宮 由理(Ms)、小林 大作(T)、志田 雄啓(T)、今村 雅彦(Br)、上江 隼人(Br)、川田 知洋(Bs)、黒木 純(Bs)
【合唱】特別出演 六本木男声合唱団(指揮: 田中 豊輝)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会
【後援】
アサヒビール
【協力】ヤマハ・エレクトーンシティ渋谷、イタリア大使館
▲PAGE TOP

第4回 「リソルジメントと愛」
2004年10月13 日14:00 トッパンホール
東京室内歌劇場との共催で、イタリア統一運動(リソルジメント)と愛をテーマにしたオペラからのガラ・コンサート。グレードアップしたハイブリッド室内オーケストラを伴奏に採用した。ヴェルディ作曲の「民衆賛歌」、「諸国民の賛歌」を日本初演した。
【司会・解説】永竹 由幸【指揮】澤井 廣喜
【演奏】ハイブリッド室内オーケストラ(【コンサート・マスター】七澤 清貴)
【エレクトーン】
伊倉由紀子、岩崎孝昭
【出演歌手】悦田 比呂子(S)、大隅 智佳子(S)、佐藤 康子(S)、土田 聡子(S)、新居 佐和子(S)、三崎 今日子(S)、牟田 紀子(S)、郷家 暁子(Ms)、大間知 覚(T)、高橋 淳(T)、青戸 知(Br)、渥美 史生(Br)、堀野 浩史(Bs)
【合唱】東京芸術大学学生有志
【主催】NPO 日本ヴェルディ協会、東京室内歌劇場
【協力】アサヒビール
▲PAGE TOP

第5回 オペラ《オベルト サン・ボニファーチョ伯爵》(本邦初演)
2005年10月29日 16:00 新国立劇場・中劇場
ヴェルディの第1作《オベルト サン・ボニファーチョ伯爵》の日伊共同制作に参画し、東京(新国立劇場中劇場:日本初演)、イタリア(スポレート国際音楽祭)で公演した。
【指揮】ヴィート・カルミネ・クレメンテ【演出】アントニオ・ペトリス
【出演歌手】オベルト:大澤 恒夫(Bs)、ロドリーゴ・エスニヴェス(Bs)、クニーザ/イメルダ:木村 圭子(Ms)ヴェロニカ・シメオーニ(Ms)、リカルド:行天 祥晃(T)、マルチェロ・ナルディス (T)、レオノーラ:佐藤 康子(S)、フランチェスカ・サッス(S)
【主催】東京室内歌劇場・共同製作 スポレート実験歌劇場
【共催】読売新聞東京本社、NPO 日本ヴェルディ協会
【協力】(財)新国立劇場運営財団
【後援】アサヒビール
【特別協賛】ANA /日本空輸株式会社
▲PAGE TOP

第6回 「日本イタリア音楽コンクール上位入賞者によるガラ・コンサート」
2006年11月3日 14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
2005年日本音楽コンクール1・2・3位入賞者と、スポレート国際声楽コンクール入賞者によるガラ・コンサート。出演者たちは、その後も、当協会の様々な公演に協力していただいている。
【ピアノ】赤星 裕子
【出演歌手】大山 亜紀子(S)、佐藤 康子(S)、藤谷 佳奈枝(S)、コスタンティーノ・フィヌッチ(Br)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、イタリア文化会館
【後援】
毎日新聞社
▲PAGE TOP

第7回 「ヴェルディ ワーグナーを聴く前と後」
2007年6月30日 14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
《シモン・ボッカネグラ》には、初演版と改訂版があるが、その改訂にあたって、ヴェルディが以前聞いたワーグナーを相当意識していたことはあまり知られていない。
第1部では、改訂版《シモン・ボッカネグラ》で、どこがどのように改訂されているのかを、実際の演奏をもとに解説。第2部は、日本・イタリア両国の気鋭の歌手によるガラ・コンサート。
【>解説】永竹 由幸【ピアノ】赤星 裕子、井上 真紀
【出演歌手】大隅 智佳子(S)、藤谷 佳奈枝(S)、宮内 朋子(Ms)、マリア・ホセ・トウルッル(Ms)、行天 祥晃(T)、志田 雄啓(T)、須藤 慎吾(Br)、前田 英俊(Bs)、フランチェスコ・パルミエーリ(Bs)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、イタリア文化会館、読売新聞東京本社
【後援】(財)日伊協会、イタリア・パルマ市
【協力】パレルモ・マッシモ劇場、朝日新聞社
▲PAGE TOP

第8回 「ヴェルディとシェイクスピア」
2008年6月28日 14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
シェイクスピアを題材にヴェルディが書いた三つのオペラ:《マクベス》、《オテッロ》、《ファルスタッフ》。
第1部では東京芸術大学大学院生により、ヴェルディ最後の傑作《ファルスタッフ》第1幕を解説付きで、第2部は《マクベス》、《オテッロ》を中心にガラ・コンサート。
【解説】永竹 由幸【ピアノ】蒲谷 昌子、森島 英子
【指揮】佐藤 宏充
【出演歌手】大隅 智佳子(S)、廣田 美穂(S)、藤谷 佳奈枝(S)、行天 祥晃(T)、上江 隼人(Br)、小林 大祐(Br)、須藤 慎吾(Br)、ジョン・ハオ(Bs)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、イタリア文化会館、読売新聞東京本社
【後援】(財)日伊協会、イタリア・パルマ市
▲PAGE TOP

第9回「ヴェルディと文豪ユゴー」
2009年11月14日 14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
ヴィクトル・ユゴー原作のオペラ《エルナーニ》を第1部で、《リゴレット》を第3部で取り上げ、第2部では、「ユゴーがイタリアオペラに与えたインパクト」と題して、他のイタリア作曲家によるオペラ作品からアリア・重唱を選んで演奏。“日本におけるイタリア2009・秋”参加公演。
【解説】永竹 由幸【ピアノ】蒲谷 昌子、井上 真紀
【出演歌手】大隅 智佳子(S)、岸 七美子(S)、藤谷 佳奈枝(S)、諸田 広美(Ms)、内山 信吾(T)、村越 大春(T)、小林 大祐(Br)、須藤 慎吾(Br)、ジョン・ハオ(Bs)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、イタリア文化会館、読売新聞東京本社
【後援】(財)日伊協会、イタリア パルマ市
▲PAGE TOP

第10回「NPO 日本ヴェルディ協会設立10周年記念マラソン・コンサート」
2010年11月13日(土)13:00 浜離宮朝日ホール 全席指定
ヴェルディ全オペラからアリア・重唱集: 協会発足10周年を記念して、第1回ヴェルディ・マラソン・コンサートにおいて試みたと同様、ヴェルディの全26のオペラらからアリアまたは重唱を一曲ずつ選んで演奏するという野心的なコンサートで、最後はファルスタッフの有名な9重唱で締めくくった。
【解説】永竹 由幸【ピアノ】蒲谷 昌子、井上麻紀【ヴァイオリン】石田なをみ
【出演歌手】鵜木 絵里(S)、大隅 智佳子(S)、廣田 美穂(S)、米谷 朋子(Ms)、内山 信吾(T)、行天 祥晃(T)、村上 敏明(T)、小林 大祐(Br)、須藤 慎吾(Br)、ジョン・ハオ(Bs)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、朝日新聞社
【後援】イタリア大使館、イタリア文化会館、(財)日伊協会
▲PAGE TOP

第11回 「リソルジメントとヴェルディ」:イタリア統一150周年を記念して
2011年11月27日(日)14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
2部形式のコンサートで、第1部はイタリア統一運動(リソルジメント)の輝かしい応援歌となった《ナブッコ》からの抜粋を演奏会形式で演奏した。第2部はガラ・コンサート。
【解説】永竹 由幸【指揮】草川 正憲【エレクトーン】赤塚 博美
【弦楽四重奏】村井 美代子、村井 功、佐藤 盟、山本 敦子
【出演歌手】ナブッコ:小林 昭裕(Br)、アビガイッレ:廣田 美穂(S)、ザッカリーア:ジョン・ハオ(Bs)、イズマエーレ:又吉 秀樹(T)、フェネーナ:宮澤 尚子(S)、「ヴェルディ特設合唱団」:松原 陸(T)、山本 悠尋(Br)、内田 珠美(S)、小野 綾香(Ms)、小村 朋代(S)、濱松 孝行(T)、藤崎 優二(Br)、南 あかり(Ms)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、
【共催】イタリア文化会館
【後援】イタリア大使館、読売新聞
▲PAGE TOP

第12回 《リゴレット》演奏会形式
2012年11月11日(日)14:00 イタリア文化会館 アニェッリ・ホール
ヴェルディ中期の傑作《リゴレット》を演奏会形式で全曲演奏した。今回は初めての試みとして、背景と字幕を使用して演奏効果を上げるとともに、観客の理解の手助けとした。
【演出】須藤 慎吾【ピアノ】牧口 純子
【キャスト】リゴレット:須藤 慎吾(Br)、ジルダ:藤谷 佳奈枝(S)、 マントヴァ公爵:又吉 秀樹(T)、 スパラフチーレ:デニス・ビシュニャ(Bs)、マッダレーナ/ジョヴァンナ:向野 由美子(Ms)、モンテローネ伯爵:照屋 博史(Br)、マルッロ:隠岐 速人(Br)、ボルサ:高柳 圭(T)、チェプラーノ伯爵:小田桐 貴樹(Bs)、チェプラーノ夫人:佐間野 朋美(Ms)、小姓:志田尾 恭子(S)、門番:堀内 丈弘(Br)
【主催】NPO日本ヴェルディ協会、イタリア文化会館
【後援】読売新聞 、(財)日伊協会
▲PAGE TOP



Copyright © Verdi Society of Japan. All Rights Reserved.