ヴェルディ肖像
ヴェルディ協会とは
New! 設立趣旨・沿革
  活動

イベント情報
  講演会
  マラソンコンサート
  総会とミニコンサート
  ヴェルディ旅行
工事中 国際交流
new! 生誕200年事業

ヴェルディ関連資料
New! VERDIANA(会報)
├ 1〜10号目次
├ 11〜20号目次
├ 21〜30号目次
New! └ 31〜40号目次
new! ヴェルディの生涯
new! 作品と初演一覧
new! 著作物リスト
new! 切手類


協会公式Facebook
随時更新中!new!

協会公式ブログ
随時更新中!new!
協会ロゴ
HOME 入会のご案内 お問い合わせ 関係リンク集 サイトマップ
トップイメージ

最新情報

トピックス

■小畑恒夫講演会「《ドン・カルロス》について」のお知らせnew


 9月23日に開催するヴェルディ・マラソンコンサートの予習の意味を持たせて《ドン・カルロス》を取り上げます。オペラ全体のストーリーと音楽の特色をご紹介しながら、このオペラが書かれた意味も考察します。
 《リゴレット》(1851)で「音楽とドラマの融合」をほぼ完全な形で成し遂げたヴェルディが、なぜパリ・オペラ座へ進出し、フランス語による5幕仕立て、バレエ付きという大規模なグランド・オペラの形式に挑んだのか。またこの《ドン・カルロス》は、音楽的にヴェルディに何をもたらしたのかなど、DVDの映像を交えてお話しします。

小畑恒夫講演会「《ドン・カルロス》について」
【日時】2017年7月15日(土)14:00〜
【場所】スタジオプラス(日比谷図書文化館4F) アクセス
    千代田区日比谷公園1-4
【主催】イタリア文化会館、日本ヴェルディ協会
【講師】小畑恒夫(当協会理事長、昭和音楽大学教授)
 ※講演後に講師との茶話会を予定しています。(希望者は当日申込)
【参加費】日本ヴェルディ協会会員は無料
     非会員は当協会事務局にお問い合わせください
【主催・申込先】日本ヴェルディ協会
    [メール]メール koen1705@verdi.or.jp
    [ F AX ]03-5333-5899
    [ T E L ]03-3320-2500
※この講演会にメールでお申し込みの場合は、必ず上記メールアドレス(koen1705@verdi.or.jp)宛にお申し込みください。
他のメールアドレスでは受け付けられない場合がございます。なお、お申込者様がご使用のメールアドレスによっては、エラーが発生し正しく送信されない場合があります。その場合は恐れ入りますが電話かFAXにてお問い合わせください。


■『第17回ヴェルディマラソンコンサート
  〜フランスの響き グランド・オペラ〜 』開催! new

第17回ヴェルディマラソンコンサート・表面第17回ヴェルディマラソンコンサート・裏面
(クリックでPDFが別窓表示されます)

 初演から150周年を記念して《ドン・カルロス》(フランス語版)の抜粋をコンサート形式で取り上げます。
 イタリア・オペラの伝統の枠内で「音楽とドラマの融合」を成し遂げたヴェルディの次の目標は、グランド・オペラをもって「ヨーロッパの首都」パリで成功を収め、世界のオペラ界の頂点に立つことでした。壮大なドラマと複雑な人間関係、フランス語と新しいオーケストラの多彩な響きなど、ヴェルディが新分野でどんな手腕を見せたのか、すべては究極の傑作《ドン・カルロス》が教えてくれます。
 いつものようにヴェテランと才能ある新人を取り合わせた5人のソリストたちの歌唱によってお楽しみください。

『第17回 ヴェルディ・マラソン・コンサート 〜フランスの響き グランド・オペラ〜』
【日時】2017年9月23日(土・祝)14時30分開演
【場所】イタリア文化会館アニエッリホール アクセス
    千代田区九段南2-1-30、電話:03-3264-6011
【出演者】上田 純子(ソプラノ) 中山 茉莉(メゾソプラノ)
     渡邉 公威(テノール) 清水 勇磨(バリトン) 
     妻屋 秀和(バス) 煖エ 裕子(ピアノ)
     小畑 恒夫(解説)
【プログラム】
《ドン・カルロス》 (フランス語版・抜粋
[第1幕]
 語りとロマンス(カルロス)
 「フォンテーヌブロー!」〜「僕は見た、あの人のほほ笑みの中に」
[第2幕]
 バラード(ロドリーグ)「我らの希望であるカルロス様は」
 二重唱(カルロス、エリザベート)「王妃様にお願いがあって参りました」
 二重唱(フィリップ、ロドリーグ)
 「待て! これまでなぜ私に面会を願い出なかったのか?」
[第3幕]
 二重唱 〜 三重唱 (カルロス、エボリ、ロドリーグ)
 「真夜中に王妃の庭、泉のそばの月桂樹の下で」
[第4幕]
 セーヌとカンタービレ(フィリップ)
 「王妃は私を愛していない」
  〜「私は王のマントにくるまって眠るだろう」
 セーヌとエール(エボリ、エリザベート)
 「お慈悲を! 罪ある女にお許しを!」
  〜「おお、忌まわしい宿命の贈り物」
 エール(ロドリーグ) 「今日は私の最後の日」
[第5幕]
 セーヌ(エリザベート)「この世の栄光の空しさを知るお方よ」
 二重唱(カルロス、エリザベート)「あの人だ! ひと言だけ…たったひと言」
【チケット(全席自由)】
  [会員およびその同伴者]単券 4,500円
              セット券 10,000円(パーティ券付)
  [一般]5,000円(当日券5,500円)
  [学生券]2,000円(限定30枚)
   ※要予約。 25歳までの学生対象。当日券販売はございません。
    協会事務局のみで取り扱い。
    当日受付で学生証をご提示のうえご精算ください。

【主催】NPO日本ヴェルディ協会/イタリア文化会館
【後援】公益財団法人日伊協会
※詳細は下記及びPDFファイルをご参照ください。

『パーティーのご案内』
終演後に出演者を囲む立食パーティーを予定しています。
【会費制】6,000円
参加ご希望の方は併せてお申込みください。

【主催・お問合せ・お申込先】日本ヴェルディ協会
    [メール]メール koen1705@verdi.or.jp
    [ F A X]03-5333-5899
    [ T E L ]03-3320-2500

マラソンチケットお申込フォーム

●2017年6月15日
・TOPICSに7月15日開催の小畑恒夫講演会『《ドン・カルロス》について』の詳細情報を掲載しました。
・TOPICSに2017年9月23日開催の『第17回ヴェルディマラソンコンサート〜フランスの響き グランド・オペラ〜』詳細情報を掲載、チケット申込フォームを設置しました。

●2017年4月17日
・『日本ヴェルディ協会とは』の「設立趣旨・沿革」を更新しました。

過去の更新記録 過去の更新記録

ヴェルディ生誕200年を記念して、ピンバッジを限定100個製作しました。
デザインはヴェルディの顔をあしらったもので、ゴールド(銀素材に18金加工)とシルバー(銀素材にロジウム加工)の2種類です。(写真参照)
日本製で、原型から加工まで、すべて日本の職人が丁寧に制作。
ゴールド・シルバー共に1個【定価】¥4,000 【会員価格】¥3,500
(ゴールド&シルバーのペア2個組【定価】¥7,000 【会員価格】¥6,000)で頒布しています。

【頒布価格】1冊200円。
ハンディタイプ(A6版)のヴェルディの生涯とその時代背景、オペラとレクイエムの詳細な一覧表からなる28ページの小冊子です。
当協会主催の講演会やコンサート会場で頒布しております。
なお、5冊以上お買い上げの方には郵送いたします。

■お問い合わせは事務局まで■

*新国立劇場1階のショップ
(オペラ劇場公演日に営業)および
劇場内ホワイエの特設ショップでも
ご購入いただけます。

▲PAGE TOP  

Copyright © Verdi Society of Japan. All Rights Reserved.